自然体が素敵な女性のある1日の日常を切り取った
「ふつうと私と」。

第1回はモデルの在原みゆ紀さんが登場。
神戸の街をゆるく散策します。

「なんていいお天気!気持ちいい1日の始まりは、自分が心地よく、愛着のあるものだけを身につけてまずお散歩へ。」

「喫茶店に目がないんです。私にとって喫茶店は息抜きできる場所。同じお店に通い続けて常連さんになるのにも憧れるけれど、今は行ったことのないお店を開拓するのが楽しい!」

「長い歴史を積み上げてきた建造物は、触れるひとつひとつから不思議と大きなパワーを感じるみたい。」

「<餃子とビール>。私にとって最高にハートが高鳴る組み合わせ!あと引く美味しさには、はふはふ。至福の時間。」

「太陽と建物、食べ物からもパワーをもらってフル充電完了です。」

在原みゆ紀

餃子とビールと町中華をこよなく愛する22歳。
CMや広告などで活躍するモデル業の傍ら、90年代のヴィンテージTシャツに対する想いを込めた写真集「私のTシャツロマン」を制作。現在はVol.2の構想に奮闘中。
競輪選手である父の影響もあり、自転車を乗りこなすアクティブな一面も。