Bshop

Bshop

BLOG

ARCHIVES

R e – e n g I n e e r e d B r o w n B e t t y

2018.12.13  THURSDAY

気がつけば2018年もあとわずか。12月はアインシュタインの相対性理論を最も感じやすい月だと言えよう。31日まであるのにあっという間に終わってしまうからだ。
そんな12月を思いっきり駆け抜けるのもいい。ただ、少しばかり落ち着いて一年の出来事を振り返るのも大切なことだ。
いつも通りの忘年会はもちろんしたいが、今年は親しい友人や家族だけで過ごすティータイムも試してみてはどうだろう。

ティータイムを彩るのはおいしいお茶はもちろん、ほっこりとした茶器も欠かせない存在だ。
「ブラウンベティ」、その響きを耳にしただけで心がほころぶ茶器は、イギリス家庭のティータイムの永遠のパートナーである。
かれこれ数世紀にわたり作り続けられてきたオーセンティックな逸品は、今年ついにリニューアルしたのだ。
イギリスの本店では4回に渡りこの新しいブラウンベティを紹介してきた。
今回は以前の FISHERMAN’S SMOCK 同様、LABOUR AND WAIT LONDON のホームページに掲載されている記事をまとめ、訳したものを下記に示した。
進化したブラウンベティは LABOUR AND WAIT TOKYO で取り扱う予定だ。クリスマスやお正月の集いに迎え入れてみることをおすすめしたい。

無題10
For London Design Festival 2018, Labour and Wait is excited to present the Re-engineered Brown Betty Teapot. The new teapot is the result of a three year research and development project by ceramic designer Ian McIntyre.

Ian has worked closely with Cauldon Ceramics of Staffordshire, the oldest remaining maker of the traditional Brown Betty teapot, to bring his vision to life. New production processes have been implemented and past innovations such as the ‘locking lid’, and ‘non-drip spout’ have been reintroduced.

The teapot incorporates a removable metal strainer for loose-leaf tea, whilst subtle adjustments to the foot and neck, enable the teapots to be stacked efficiently in the factory and subsequently in cafes and restaurants.

This re-engineered teapot retains the best features from the classic Brown Betty, and by virtue of its refinements, brings this everyday archetype up to a new standard of discreet functionalism.

2018年のロンドンデザインフェスティバルにおいて、Labour and Waitは再設計されたブラウンベティティーポットを発表しました。この新しいティーポットは陶磁器デザイナーIan Mclyntyre(イアン・マッキンタイア)とスタッフォードシャー地区にある、現存する最も歴史ある伝統的なブラウンベティティーポットメーカーであるCauldon Ceramics社による3年間に渡る研究・開発プロジェクトの賜物です。

このティーポットには茶葉でもお茶を淹れることができるように取り外し可能な茶漉しが取り入れられており、また、底と蓋の受け口部分の巧みなサイズ調整により、製造工場ではもちろん、カフェやレストランでも積み重ねて置くことができます。

この再設計されたティーポットはクラシックなブラウンベティの最も良い特徴を維持しつつ、デザイナーの洗練された美点が加わった事により、これまでの「エブリデー・オブジェクト」にさり気なく、機能性が加わった、新しいスタンダードへと導いてくれる事でしょう。

 

無題3

 

Brown Betty describes a type of teapot with common characteristics of red Etruria Marl clay, a transparent or dark brown Rockingham glaze and a familiar portly body. The ritual of tea drinking has remained largely unchanged for centuries. All over the world people choose a teapot as their preferred apparatus and the humble Brown Betty is often heralded as the archetypal example.

ブラウンベティはエトルリアの赤土から出来、透明、若しくはダーク・ブラウンの美しいロッキンガムの釉薬とぷっくりとしたフォルムが特徴のティーポットです。
お茶を飲む習慣は何世紀も変わらない習慣です。世界中どこでも、人々はその人好みの茶道具を選び、お茶を淹れます。その中でも、控えめなデザインのブラウンベティは典型的な茶道具の1つとして、人々に選ばれます。

The popularity of the pot is proven in the quantity in which it has been made. By 1926 the Staffordshire pottery industry was making approximately half a million Brown Betty teapots a week. Despite this, surprisingly little is known about the object itself or its early history and design development. This affordable, utilitarian and unpretentious object has largely gone unnoticed, disappearing into the fabric of everyday life.

このティーポットがどれだけ人気なのかは、その生産数を見れば分かります。1926年までに、スタッフォードシャー陶器産業界は週に約50万個生産していました。それにも関わらず、意外と商品自身や初期の歴史やデザインについて、あまり知られていません。
誰もが購入しやすく、控えめなデザインながらも実用的なこの物体の良さは、日々の生活に紛れて、気づかれないままだったのです。

 

無題5

 

The process of design of the Brown Betty spans centuries. There is no single identifiable author and no single definitive version of the pot: it is an anonymous and evolved object. Over the years, Brown Betty has been through the hands of numerous makers, each producing their own interpretation, subtly refining and amalgamating new and original design details. The resulting teapot is a rational object stripped of anything superfluous to its function or production.

ブラウンベティのデザインは何世紀にも渡って変化を遂げてきました。デザイナーは不明でこれ、という決定的なデザインはありません。しかし、無名でありながらも、どんどん発展していった物体なのです。何年もの間、何社もの製造社に渡って作られてきました。その作り方は各製造者の解釈によって違います、少しずつ手を加え、新しいデザインとオリジナルのデザインのディテールが混ぜてあったりします。結果的に、ティーポットは機能や生産において不必要な部分はどんどんそぎ落とされていきました。

Although there is no definitive version, the manufacturers Alcock, Lindley and Bloore were responsible for cementing the archetypal features of the pot as we know them today. Some of the most recognisable features of the Brown Betty were combined during their production: the globe shape of their pot that is so efficient at infusing loose leaf tea, the roughly cut spout that breaks the flow of water, preventing tea from dribbling back down the outside of the pot, and the Rockingham glaze that concealed any dribbles that did, despite efforts, escape.
The combination of the Rockingham glaze and the red clay was and still is fundamental to the success of the Brown Betty, prolonging the life of the object for its owner and, subsequently, through history.

ロッキンガム釉薬と赤土の組み合わせはブラウンベティの成功の重要なキーとなるものです。このおかげで、歴史上に残るティーポット、または購入してから長持ちするティーポットとなりました。

 

無題6

 

The Staffordshire clay used to make a Brown Betty was first refined in 1693 by Dutch brothers John Philip Elers and David Elers. The brothers emulated the fashionable and expensive Yixing teapots which had originally been imported from China by the Dutch East India Company. The refinement of the local red clay gave rise to a new era of technological experiment in Staffordshire, becoming a catalyst for the industrialisation of the six towns that now make up Stoke-on-Trent.

スタッフォードシャーの土はオランダ人の兄弟、John Philip ElersとDavid Elersにより、1693年に初めて使用されました。兄弟はオランダ東インド会社が輸入していた、中国のファッショナブルで高価なイーシン・ティーポットに負けじと製作に取り掛かっていました。
地元の赤土の発見はスタッドフォーシャーにおいて技術的な革命の始まりでした。今ではStoken-on-Trentでしか作られていませんが、この赤土の発見により、6つ都市にて陶器産業が盛んになります。

 

無題7

 

 

無題8

 

Cauldon Ceramics of Staffordshire maintain the tradition of red ware manufacturing and are the oldest remaining maker of the Brown Betty teapot. Together with designer Ian McIntyre they present this re-engineered edition. It includes the reintroduction of innovative precedents in the history of the pot: Alcock, Lindley and Bloore’s 1920’s patented ‘locking lid’ and ‘non-drip spout’ have been applied. A subtle tweak to the foot and neck of the pot now allows the lid to be inverted into the body, enabling it to be stored efficiently in the factory and stacked in cafes and restaurants. The new addition of a loose-leaf tea basket has also been added.

スタッフォードシャーにあるCauldon Ceramics社は赤土を使用した陶器の製造の伝統を現在も守っています。ブラウンベティティーポットを製造している、最も古く歴史ある工場です。
デザイナーのIan Mclntyreと共に、”Re-Engineered Edition”を発表しました。

ポットの歴史に置いて革新的な前例を作った、20年代に製造していたAlcock, Lindley and Bloore社の独特の特徴、”ロック式の蓋“と”ノン・ドリップ(水滴が滴らない)”のティーポットを再現しました。僅かな底とティーポットの注ぎ口の凸部分がティーポットの蓋がティーポットのボディー部分にはまるので、工場、カフェ、レストランで効率良く、積み重ね出来るようになっています。新たに茶葉を入れる茶漉しも加わりました。

 

無題4

 

Great care has been taken to respect the traditions of the Brown Betty, whilst implementing new production processes and design details. To re-style the pot, the designer felt, would have been a disservice to the years of refinement that have gone before. This latest edition is intended to promote the legacy and value of this everyday object that has transcended fashions and trends to become a reliable and dependable tool for millions around the world.

新しい生産プロセスとデザインを取り入れながらも、ブラウンベティの伝統を守る事に大変注意を払いました。ティーポットを再デザインするにあたり、デザイナーはこのティーポットが改良され続けた長い歴史をあだにしてはいけない、と思いながら製作に取り掛かりました。
この最新のブランウンベティはファッションやトレンドを超えて、世界中の何百万人もの人々にとって信頼出来る道具として使われている、エブリデー・オブジェクトの価値とその歴史をプローモーションする事を意識して作りました。

無題11